2019年8月28日水曜日

CircleCI 2.0 を使っているのに 2.0 にアップグレードするように Service Alert が表示される

困ったこと

CircleCIを利用しており、設定直後は正常に利用することが出来ていました。ところが、特に設定を変更したりしていないのですが、アラートが表示されるようになりました。
Service alert: Your project references CircleCI 1.0 or it has no configuration. CircleCI 1.0 and projects without configuration files are no longer supported. You must update your project to use CircleCI 2.0 configuration to continue. Learn more.
アラートの内容を読むと利用しているバージョンが1.0であること、またはコンフィグファイル(.circleci/config.yml)が存在していないことが原因のようです。
CircleCIの公式サイトを見ると下記のような記述を見つけました。
The CircleCI 1.0 cloud infrastructure is no longer available as of March 15, 2019.
2019年3月15日をもってCircleCI 1.0は利用できなくなるという記述です。しかし、CircleCIを導入したのは2019年の8月に入ってからです。これまでアラートが表示されずに利用できていたので、2.0を利用していたと考えられます。
また、 .circleci/config.yml は存在していました。

調べたこと

.circleci/config.yml が存在しているため、ここに記述した内容に誤りがあるのではないかと思いました。
英語で書かれているので若干自信はありませんが、 .circleci/config.yml に誤りはないようでした。

解決

同じ問題が発生していた方がいたようで、解決することが出来ました。
上記リンク先の中程に以下のような記述があります。
This banner should go away once the 1.0 jobs fall off the jobs list. If it’s still showing please open a ticket so we can take a look.
ジョブリストに 1.0 のものが含まれているとアラートが表示されるようになっているようです。
過去のジョブは不要なので、いま開発中のプロジェクトだけ指定してジョブリストを表示させたらアラートが消えました。管理画面のJOBSにプロジェクト名が一覧表示されています。対象のプロジェクト名をクリックすることでプロジェクトの指定が出来ました。

0 件のコメント:

コメントを投稿