2019年8月29日木曜日

MacでJavaのバージョンを切り替える

概要

私は開発の都合でいくつかのバージョンのJavaをMacにインストールしています。時々によってバージョンを切り替えながら作業をしているので、切り替える方法のメモを残しておこうと思います。

手順

  1. .bashrc の作成
    .bashrc に JAVA_HOME と PATH を書き込んで保存します。
    vi ~/.bashrc
    
    .bashrcには下記のように書き込みます。下記の場合、 1.8 となっている箇所がJavaのバージョンです。切り替える時はこの部分を 1.7 や 11 といったように書き換えます。
    export JAVA_HOME=`/System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/A/Commands/java_home -v "1.8"`
    PATH=$JAVA_HOME/bin:$PATH
    
  2. .bashrc の読み込み
    .bashrc はシェルの起動時に1度だけ読み込まれるファイルです。そのため .bashrc を書き換えただけでは変更が bash に反映されません。下記コマンドで読み込む必要があります。
    source ~/.bashrc

0 件のコメント:

コメントを投稿